アマゾンの株価は10年で変化した? アマゾンの株式投資における3つのポイントと予想

スポンサーリンク

日本も知らない人は居ないといっても過言ではない

大手通販サイトを運営しているアマゾンですが、

株価はとても高い段階まで購入されています。

アマゾンの株価は、10年で

どのように変化をしたのでしょうか。

2つのポイントから見ていきましょう。

スポンサーリンク

アマゾンの株価が10年で上昇を続ける理由とは

アマゾンは、メインのインターネット通販事業

において莫大な利益を出しています。

その利益を新規投資に利用し、

成長を続けているのです。

クラウドの分野においても強さを

見せている点に注目が集まっています。

クラウドとは、クライアント側に

システムを置かず、サービス側に

システムを置くという方法を指します。

自分の会社でシステムメンテナンスを

行う必要がないため負担が減少しますね。

近年、このクラウドシステムを

利用する企業が増えているのです。

10年間で、アマゾンの売上高は

急激に伸びています。今後も更に

上昇するであろうと予想されていますね。

ただし利益については売上高ほどの

伸びは見られず、横ばいです。

また、アマゾンは配当もありません

アマゾンが10年で株価を上昇させても利益が伸びない理由とは 

利益が伸びない理由は、

主に2の理由が考えられます。

1目はキャンペーンを行って利益を削り

売上を伸ばしているという可能性。

2目は利益を出しているものの、

新規投資に回しているために

表面上利益が少ないように

見えているというものです。

アマゾンの場合、2つ目の新規投資によって

利益が少ないように見えている状態でしょう。

アマゾンの株に投資する際のリスク

アマゾンの株に限らず、

株の投資にはリスクが伴います。

しかし、「リスクプレミアム」

という考え方もあるのです。

投資の判断をする際に使用する

「リスクプレミアム(RiskPremium)」とは、

リスクがあると判断される投資に対し、

リスクに上乗せされる超過収益を指します。

簡単に言い換えると、リスクのある投資において

投資家が「この程度の上乗せ利益が無ければ

割に合わない」と感じる追加収益です。

例えば、比較的リスクのが高いとされる

FX(外国為替証拠金取引)の投資を検討している際、

比較的リスクが低いとされる定期預金よりも

平均収益が低い場合は割に合いません。

つまり、投資をする人間は、高いリスクが

あるほど利回りを希望します。

投資をする人間が期待する利回りの事を

「期待収益率」と呼び、方程式で

求める事ができるのです。

株式投資の場合は、平均して

年間約5~9%の利回りを得ることが可能。

利回りにはリスクプレミアムが

上乗せされているのです。

預貯金国債といった安全な資産と

比較をすると、株式投資にリスク

含まれていることが理解できますね。

今後10年のアマゾン株価予想

アマゾンは現在も急激な成長を続けています。

当然、今後も成長して行くことが期待できますね。

株価については、今後の3倍程の成長を

織り込んでいるため少々割高

水準になっているようです。

株価が調整される部分があった場合には、

アマゾンへの投資を検討しても良いでしょう。

アマゾンへの投資リスクとして挙げられる

ポイントは、今後のアマゾンの上昇が

予想よりも悪いというケースです。

例えば、他のインターネット通販サイトが

成長していくと、アマゾンの上昇を

妨げることにはなります。

クラウド分野においても、IBMといった

競合が存在しているのです。

インターネット通販事業もクラウド分野も、

厳しい競争を強いられる分野。

成長していくことは予想できますが、

10年でどのような動きを見せるのかは、

競合の動きも同時にチェックする必要が

ありそうですね。

スポンサーリンク