株価の推移は私たちの生活にどう影響出る? 日経平均株価ってなに?

スポンサーリンク

日経平均株価」とはよく聞くワードですが、

株価の推移は私たちの生活に

どう影響するのでしょうか。

ここでは、日経平均株価についてや、

株価の推移が私たちの生活に与える

影響をご紹介します。

スポンサーリンク

日経平均株価をわかりやすく説明

日経平均株価とは日本の株式市場の

代表的な株価指標の一つで、東京証券取引所第一部に

上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄

対象にしています。

日経平均は日本経済新聞社が

算出している指標で、日経平均が下がれば

日本を代表する225社の株価が下がっている、

日経平均が上がれば日本を代表する225社の

株価が上がっている、という見方ができるように、

日本経済全体の景気を表すものとして使われています。

225銘柄には、

・三越伊勢丹ホールディングス

・セブン&アイ・ホールディングス

・ユニー・ファミリーマートホールディングス

・高島屋

・丸井グループ

イオン

・日本ハム

・味の素

・キッコーマン

・明治ホールディングス

・ソフトバンクグループ

・NTTドコモ

・KDDI

・オリンパス

・キャノン

・武田薬品工業

・アステラス製薬

・大塚ホールディングス など

このように、誰もが知る企業ばかりが含まれています。

毎日の日経平均株価を確認するには、

ネット検索で「日経平均株価」

検索すると簡単に見つかりますよ。

株価の推移は私たちの生活にどう影響る?

日本経済全体の景気を表すものとして

使われている日経平均株価は、日本経済に

与える影響が大きいです。

株価の推移が私たちの生活にどのように

関係してくるのかを見ていきましょう。

一般的に、株価が上がるとものが

売れるようになるといわれています。

これはお金が回るようになったからでしょう。

株で儲けた投資家が、その利益で

高額商品などを購入したりすることも

お金が回っていく理由の一つです。

お金が回れば、百貨店の売上が伸び、

景気回復につながっていきます。

景気が回復すれば、会社の業績も上がり、

サラリーマンの給料やボーナスも

増えるという傾向があります。

日経平均株価が上昇しているということは

225社の株価が上昇しているということですが、

225社すべての株価が上昇しているわけではありません。

しかし日経平均株価が上がっているということは、

おおむね上昇している企業が多くなります。

日経平均株価が上昇すると企業価値が高まり、

さらに多くの人に会社の株が

購入されるようになりますし、

銀行からもたくさんの融資を受けることができます。

その結果、企業はさらに成長していき、

社員の給料も増え、お金が回るようになるのです。

会社が儲かれば従業員の給料も

上がりやすくなりますし、投資家の場合は

自分の持ち株の価格が上昇することで利益が出ます。

会社が儲かれば、さらなる事業拡大のために

優秀な人材の確保や新しい人材募集を行いますが、

これにより求職中の方は就職しやすくなりますよね。

会社によっては、スキルアップのために

ボーナスを支給したりするところもあるでしょう。

日経平均株価の上昇は、日本経済全体の

活性化に繋がっていくのです。

「最近景気が良くなったな」「景気が悪いな」と

感じた時などは日経平均株価をチェックしてみてください。

まとめ

日経平均株価についてや、株価の推移が

私たちの生活に与える影響をご紹介しました。

日経平均株価が上がると、景気の回復や

給料アップなどが期待できます。

日経平均株価は日本経済の動向を

把握する上で、非常に重要な指標となる

ということを頭に入れ、普段から

ニュースなどでチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク