パイオニアの株価の過去10年の変化から読み取る未来の株価!

スポンサーリンク

音響や映像機器の大手電機メーカーのパイオニア

カーエレクトロニクス事業を柱に

事業を展開しているパイオニアですが、

パイオニアの株価はどのように

なっているのでしょうか。

ここでは、パイオニアの基礎知識や、

パイオニアの株価の過去10 年の変化をご紹介します。

スポンサーリンク

パイオニアについて

1975年に世界初のコンポーネントカーステレオを、

1990年には世界初の市販GPSカーナビゲーションを

発売するなどと、常に時代の先端を行く

カーライフの提案を行ってきたパイオニアは、

1937年に松本望が国内初の

Hi-Fiダイナミックスピーカー「A-8」の開発に

成功したことから始まりました。

80年もの歴史があり、現在にいたっています。

音響メーカーとして認知されるように

なったのは1962年頃です。

世界初のセパレート型ステレオを

発売したのと、高度成長期にオーディオブーム

到来したことで、一気に

認知されるようになりました。

車載用のオーディオでは、「カロッツェリア」ブランドで、

世界屈指の技術とシェアを

持つ企業に成長しています。

パイオニアからカーナビ第1号が発売されたのは

1990年夏で、機種名はAVIC-1(定価350,000円)でした。

350,000円というのは、ナビ本体のみの価格で

TVチューナーは別売りなので、システムを組むと

70万〜80万まで達してしまうことから

販売するチャンスは低かったようです。

2年後の1992年6月、第2号機である

AVIC-G10(定価315,000円)及び

GPS-V7(定価230,000円)が発売され、

さらに1993年7月にGPS-G5(定価105,000円)、

AVIC-G10㈼(定価210,000円)が発売されています。

カーエレクトロニクス事業を柱にしていますが、

有機EL照明や医療・健康機器関連の事業にも

取り組んでいて、パイオニアの製品は幅広いです。

パイオニアの映像技術・光技術・音響技術などを

活かした独自のデバイスを小型血流計や

電子聴診器へ活用していたりもするのですよ。

パイオニアの株価の過去10 年の変化

2009年〜現在まで、200円〜400円を

行ったり来たりしています。

2009年から2012年にかけては、

上下しながらも株価は上昇傾向にありましたが、

それ以降は元気がないように思います。

2016年から2017年までは、250円前後を

行ったり来たりしていましたが、

2018年に入って株価は下降ぎみにあります。

現在は150円台にまで落ち込んでいますが、

年末にかけての値動きが気なるところです。

ここからは、2009年〜現在までの、

始値、高値、安値、終値、累積売買高を

見ていきましょう。

  • 2009

始値(円)175/ 高値(円)415/ 安値(円)82/

終値(円)286/ 累積売買高(株)2,065,253,300

  • 2010

始値(円)288/ 高値(円)391/ 安値(円)240/

終値(円)336/ 累積売買高(株)2,051,448,200

  • 2011

始値(円)338/ 高値(円)452/ 安値(円)287/

終値(円)346/ 累積売買高(株)1,676,939,400

  • 2012

始値(円)349/ 高値(円)434/ 安値(円)153/

終値(円)214/ 累積売買高(株)1,544,488,800

  • 2013

始値(円)223/ 高値(円)313/ 安値(円)146/

終値(円)220/ 累積売買高(株)2,715,234,200

  • 2014

始値(円)219/ 高値(円)352/ 安値(円)196/

終値(円)231/ 累積売買高(株)1,579,534,700

  • 2015

始値(円)233/ 高値(円)392/ 安値(円)203/

終値(円)335/ 累積売買高(株)1,984,682,300

  • 2016

始値(円)339/ 高値(円)348/ 安値(円)162/

終値(円)236/ 累積売買高(株)1,930,871,900

  • 2017

始値(円)239/ 高値(円)269/ 安値(円)193/

終値(円)228/ 累積売買高(株)1,219,665,700

  • 2018

始値(円)234/ 高値(円)258/ 安値(円)154/

終値(円)157/ 累積売買高(株)561,350,400

まとめ

パイオニアの基礎知識や、パイオニアの

株価の過去10 年の変化をご紹介しました。

パイオニアの株価に興味があれば、

是非チャートをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク