アマゾンの株価の過去10年の推移【飛ぶ鳥を落とす勢いの会社】

スポンサーリンク

米国最大手のオンライン小売業者のアマゾン。

アマゾンの株価はどのようになっているのでしょうか。

ここでは、アマゾンの基礎知識や、

アマゾンの株価の過去10 年の変化をご紹介します。

スポンサーリンク

アマゾンについて

書籍、CD・DVDのほか、ゲーム、家庭用品、

家電、衣料品など広範な商品販売を

世界各地で運営するアマゾンの本社所在地は

シアトルで、米国最大手のオンライン小売業者であり、

日本でも支持されています。

商品販売を世界各地で運営するアマゾンですが、

独自の物流拠点をアメリカ、ドイツ、イギリス、

中国、日本等において整備しています。

1994年7月にジェフ・ベゾスによって

Cadabra.com(カタブラ)として

インターネット書店が開業されましたが、

のちに世界で最大規模の流域面積を持つ

南アメリカのアマゾン川から

「 Amazon.com 」と改名されました。

Amazon.com のサービスは1995年7月16日に

開始され、1997年5月はNASDAQで株式を

公開しています。

本社のあるシアトルは、ボーイングの

企業城下町として知られていましたが、

2010年代にはアマゾンの企業城下町

認識されるまでに成長しました。

アマゾンは出品サービスと受注、梱包・発送サービスを

手がけるだけでなく、会員制「アマゾンプライム」を

展開したり、電子書籍「キンドル」や

Fireタブレット」を取り扱ったりと、

クラウド・サービスも提供しています。

アマゾンの利益に貢献しているのは

クラウド部門(アマゾンプライム、キンドル、

Fireタブレット)で、売上高構成比では10%ですが

利益の構成比では50%を占めているそうです。

アマゾンの株価の過去10 年の推移

アマゾンの株価は、10年を通して

右肩上がりとなっています。

2009年は150円前後だった株価が、

現在は1,500円ほどです。

2013年あたりから株価の上昇に勢いが出てきて、

それ以降高騰が続いています。

ここからは、2009年〜現在までの、

始値、高値、安値、終値、累積売買高を見ていきましょう。

  • 2009年:

始値(円)136/ 高値(円)145/ 安値(円)125/

終値(円)134/ 累積売買高(株)207,533,373

  • 2010年:

始値(円)179/ 高値(円)185/ 安値(円)173/

終値(円)180/ 累積売買高(株)93,728,979

  • 2011年:

始値(円)191/ 高値(円)199/ 安値(円)166/

終値(円)173/ 累積売買高(株)125,627,006

  • 2012年:

始値(円)252/ 高値(円)263/ 安値(円)242/

終値(円)250/ 累積売買高(株)60,892,664

  • 2013年:

始値(円)399/ 高値(円)405/ 安値(円)379/

終値(円)398/ 累積売買高(株)55,737,811

  • 2014年:

始値(円)338/ 高値(円)340/ 安値(円)293/

終値(円)310/ 累積売買高(株)86,874,154

  • 2015年:

始値(円)673/ 高値(円)696/ 安値(円)635/

終値(円)675/ 累積売買高(株)90,220,804

  • 2016年:

始値(円)754/ 高値(円)782/ 安値(円)736/

終値(円)749/ 累積売買高(株)73,660,584

  • 2017年:

始値(円)1,172/ 高値(円)1,194/ 安値(円)1,124/

終値(円)1,169/ 累積売買高(株)57,760,041

  • 2018年:

始値(円)1,637/ 高値(円)1,646/ 安値(円)1,635/

終値(円)1,641/ 累積売買高(株)3,313,385

まとめ

アマゾンの基礎知識や、アマゾンの株価の

過去10 年の変化をご紹介しました。

和書、洋書、CD、DVD、PCソフトウェア、

ゲーム、エレクトロニクス、文房具・

オフィス関連用品、 ホーム&キッチン、

おもちゃ&ホビー、スポーツ、ヘルス&ビューティー、

コスメ、時計、ベビー&マタニティ、

アパレル&シューズ、ジュエリー、食品&飲料などの

商品を取り扱う総合オンラインストア「アマゾン」

株価に興味があれば、是非チャートを

チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク