日経平均株価とは日本経済新聞が 算出して公開している指標とは?

スポンサーリンク

ニュースなどでおなじみの日経平均株価ですが、

日本経済新聞が算出して公開している

というのをご存知でしょうか。

ここでは、日本経済新聞についてや、

日経平均株価についてご紹介します。

スポンサーリンク

日本経済新聞について

日本経済新聞とは、日本経済新聞社の

発行する経済紙です。

経済紙なので、株価や経済、産業関係記事が多く

日本経済新聞社が算出する日経平均株価は、

NIKKEI 225」として世界的に認知されています。

【日本経済新聞の歴史】

  • 1876年12月:中外物価新報として創刊
  • 1911年 8月 :三井合名会社が全額出資し
    株式会社に改組
  • 1942年11月:政府の新聞統合令により
           日本産業経済に改題
  • 1946年 3月:題字を「日本経済新聞」に改題
  • 1963年 1月 :「JAPAN ECONOMIC JOURNAL」
    (現・THE NIKKEI WEEKLY)創刊
  • 1973年10月:「日経産業新聞」創刊
  • 1975年 5月:日経ダウ平均(現・日経平均株価)を発表
  • 1987年10月:日経金融新聞創刊
  • 1990年 4月:日本初の経済専門チャンネル
    日経サテライトニュース
  • 1996年 1月:インターネット上にホームページ
    「NIKKEI NET」開設
  • 1997年 1月:「日経テレコン21」のサービス開始
  • 1998年 4月:格付投資情報センターが発足
  • 1999年 4月:携帯電話で日経ニュースの送信開始
  • 2006年 9月:川崎新工場稼働
  • 2007年 1月:日本経済新聞社より電子メディア局及び
    日本経済新聞出版社を分割・設立
  • 2007年10月:読売新聞グループ本社、朝日新聞社と
           インターネット分野での共同事業
    販売事業などでの業務提携と災害時の
    新聞発行の相互援助を行うことで合意したと発表
  • 2008年11月:日本の全国紙として初めて
            沖縄県で現地印刷を開始
  • 2009年 4月:東京本社を千代田区大手町地区
    第一次再開発事業地域に新築された
    日経ビルへ移転開始
  • 2010年 3月:日本経済新聞電子版として
    本格的な有料サービスを開始
  • 2011年12月:スマートフォン等モバイル端末向けの
    新コンテンツの開発・提供
  • 2015年 7月:ピアソンからフィナンシャル・タイムズを
    1600億円で買収すると発表

日経平均株価とは日本経済新聞が算出して公開している指標

日本経済新聞が発表している「日経平均株価」は、

日本の株式市場の調子を判断できる指標で、

日本経済全体の景気を表すものとして使われています。

日経平均株価とは、日本を代表する企業

225社」の株価の平均のことで、

この225社は東京証券取引所第一部に上場する

約1700銘柄の株式の中から選ばれています

(セブン&アイ・ホールディングス、

ユニー・ファミリーマートホールディングス、

高島屋、丸井グループ、イオン、日本ハム、

味の素、キッコーマン、明治ホールディングス、

ソフトバンクグループなど)

日経平均株価の計算方法ですが、株式分割などで

計算式に調整が入るようになっています。

ちなみに最初の頃は225銘柄を単純に

平均した数値を日経平均株価として

発表していました。

現在では現在の日経平均株価は、

株価を銘柄数で割って平均値を出し、

過去からの連続性を持たせるための

特殊な修正を加えたものです。

また、当初は連続性を重視するために

銘柄を入れ替えすることは

ありませんでしたが、現在は

流動性を重視し、定期的に

1~2銘柄を入れ替えています。

日本経済に与える影響が大きい

日経平均株価ですが、日経平均が下がれば

日本を代表する225社の株価が下がっている、

日経平均が上がれば日本を代表する

225社の株価が上がっている、ということです。

まとめ

日本経済新聞についてや、

日経平均株価についてご紹介しました。

日本経済新聞が発表している日経平均株価は、

日本経済全体の景気を表すものでも

あるので、是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク