神戸製鋼の株価の過去10年の変化を分析してポジションを!

スポンサーリンク

鉄鋼事業が中核事業の神戸製鋼

神戸製鋼の株価はどのように

なっているのでしょうか。

ここでは、神戸製鋼の基礎知識や、

株価の過去10年の変化をご紹介します。

スポンサーリンク

神戸製鋼の基礎知識

神戸製鋼は鉄鉱石を原料とし鉄鋼製品を

生産する高炉メーカーで、粗鋼生産規模は

国内第3位を誇ります。

鉄鋼事業以外にも、アルミや建設機械など

事業を展開していて、売上構成は、

鉄鋼事業部門37%溶接事業部門4%、

アルミ・銅事業部門18%、機械事業部門8%、

エンジニアリング事業部門6%、建設機械事業部門19%、

電力事業部門4%、その他4%、

鋼材輸出比率(金額ベース)は27%となっています。

〇1905年:

鈴木商店が小林製鋼所を買収し、

神戸製鋼所として創業

〇1907年:

逓信省に帝国鉄道庁が設置

〇1911年:

鈴木商店全額出資の下、

株式会社神戸製鋼所として発足

〇1915年:

国産初の空気圧縮機(機械系事業の起源となる)

〇1917年:

門司工場新設

〇1926年:

日本初のセメントプラントを完成

(エンジニアリング事業の起源となる)

〇1931年:

重要産業統制法が施行

〇1937年:

アルミ鋳鍛造事業を開始

〇1939年:

アルミ圧延品の製造開始

〇1955年:

国内初となる金属チタンの工業生産を開始

1960

ニューヨーク事務所を開設し、

北米での事業展開を開始

1961

日本初のプラント輸出

〇1966年:

日新製鋼に堺工場を譲渡

1976

東南アジアでの事業展開を開始

神戸製鋼の株価の過去10年の変化

2009年から現在まで、神戸製鋼の株価は

500円〜2,500円の間で推移しています。

10年間の中でに下落が目立ったのが2012年で、

2012年は500円台をつけています。

そこから回復し、2015年には2,000円台を

つけましたが、2016年にかけて

再び下落してしまいました。

2016年に再度1,000円を切ってしまったものの、

回復の兆しを見せながら現在まで

1,000円前後を行ったり来たりしています。

設立     :1911年6月28日

売買単位   :100(株)

上場市場名  :東京証券取引所1部

名古屋証券取引所1部

発行済み株式数:364,364,210(株)

ここからは、2009年〜現在までの、始値、高値、

安値、終値、累積売買高を見ていきましょう。

  • 2009

始値(円)1,670/ 高値(円)2,040/ 安値(円)1,090/

終値(円)1,680/ 累積売買高(株)291,307,300

  • 2010

始値(円)1,710/ 高値(円)2,240/ 安値(円)1,550/

終値(円)2,060/ 累積売買高(株)312,642,600

  • 2011

始値(円)2,080/ 高値(円)2,430/ 安値(円)1,080/

終値(円)1,190/ 累積売買高(株)296,548,500

  • 2012

始値(円)1,210/ 高値(円)1,490/ 安値(円)  570/

終値(円)1,090/ 累積売買高(株)356,369,000

  • 2013

始値(円)1,140/ 高値(円)1,910/ 安値(円)  970/

終値(円)1,800/ 累積売買高(株)1,029,112,900

  • 2014

始値(円)1,800/ 高値(円)2,130/ 安値(円)1,260/

終値(円)2,090/ 累積売買高(株)847,556,300

  • 2015

始値(円)2,100/ 高値(円)2,400/ 安値(円)1,250/

終値(円)1,330/ 累積売買高(株)764,856,300

  • 2016

始値(円)1,340/ 高値(円)1,370/ 安値(円) 780/

終値(円)1,117/ 累積売買高(株)1,144,522,500

  • 2017

始値(円)1,143/ 高値(円)1,395/ 安値(円)  774/

終値(円)1,045/ 累積売買高(株)2,822,750,000

  • 2018

始値(円)1,054/ 高値(円)1,254/ 安値(円)  978/

終値(円)1,117/ 累積売買高(株)714,481,000

まとめ

神戸製鋼の基礎知識や、神戸製鋼の株価の

過去10年の変化をご紹介しました。

神戸製鋼の株価に興味があれば、

是非チャートをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク