丸紅株価の過去30年の変化を見てみよう!今後はどうなるの?

スポンサーリンク

みずほグループの大手総合商社でもある丸紅

大手総合商社の一角としても

よく知られていますよね。

そんな丸紅の株価はどのように

なっているのでしょうか。

ここでは、丸紅の基礎知識や、丸紅株価の

過去30年の変化をご紹介します。

スポンサーリンク

丸紅について

大手総合商社の一角としてよく知られている

「丸紅」は、みずほグループの

大手総合商社でもあり、1858年に

初代伊藤忠兵衛が麻布の行商を

開始したことから始まりました。

1858に伊藤忠兵衛が麻布類の卸売業として

大阪に創業後、1872年に紅忠を創立。

1914伊藤忠合名会社に改組

1918伊藤忠合名会社を伊藤忠商店(丸紅の前身)と

伊藤忠商事株式会社に分割

1972に商号を丸紅株式会社に変更する

同業の伊藤忠商事とは兄弟のような存在で、

いったん伊藤忠と分割されたものの

戦時中に再度合併しています。

戦後の財閥解体措置により再び両社は分割され、

1949に現在と直接つながる

「丸紅株式会社」が設立されました。

総合商社として比較的バランスのとれた

事業ポートフォリオを持つ丸紅は、

資源・エネルギー分野で銅の上流権益、

食料で穀物分野、海外電力事業などを

強みにもち、売上構成を見てみると、

生活産業45%、素材22%、エネルギー・金属23%、

電力・プラント4%、輸送機7%、となっています。

丸紅株価の過去30年の変化

丸紅の株価は、1990年から2001年にかけて

下降傾向にありましたが、

2002から上昇を見せています。

2008には1,000円をつけましたが、

その後、2009にかけて下落しています。

2009300円~500円までに上昇し、

2010には600円をつけています。

2011は下落ぎみで400円をつけてしまいましたが、

2012は再び600円をつけ、2013年には

700円~800円台まで上昇しました。

2015年から2016年中旬まで少しずつ下落

400円台をつけましたが、そこから一気に上昇し、

現在800円前後を推測しています。

設立     :1949年12月1日

上場年月日  :1950年7月

売買単位   :100(株)

上場市場名  :東京証券取引所1部

名古屋証券取引所1部

発行済み株式数:1,737,940,900(株)

2009年~現在までの丸紅の始値、

高値、安値、終値、累積売買高はコチラです↓

  • 2009

始値(円)  350/ 高値(円) 527/ 安値(円)    265/

終値(円) 511/ 累積売買高(株)3,633,825,000

  • 2010

始値(円)  520/ 高値(円) 604/ 安値(円)  428/

終値(円) 571/ 累積売買高(株)2,688,780,000

  • 2011

始値(円)  581/ 高値(円) 675/ 安値(円)  373/

終値(円) 469/ 累積売買高(株)3,138,451,000

  • 2012

始値(円)  477/ 高値(円) 647/ 安値(円)  463/

終値(円) 614/ 累積売買高(株)2,891,150,000

  • 2013

始値(円)  643/ 高値(円) 872/ 安値(円)  615/

終値(円) 756/ 累積売買高(株)3,191,096,000

  • 2014

始値(円)  756/ 高値(円) 806/ 安値(円)  643/

終値(円) 724/ 累積売買高(株)2,332,994,400

  • 2015

始値(円)  720/ 高値(円) 749/ 安値(円)  573/

終値(円) 625/ 累積売買高(株)2,660,795,500

  • 2016

始値(円)  620/ 高値(円) 692/ 安値(円)  432/

終値(円) 662/ 累積売買高(株)2,493,777,700

  • 2017

始値(円)  669/ 高値(円) 822/ 安値(円)  643/

終値(円) 816/ 累積売買高(株)1,855,249,400

  • 2018

始値(円)  829/ 高値(円) 899/ 安値(円)  742/

終値(円) 878/ 累積売買高(株)746,463,600

まとめ

丸紅の基礎知識や、丸紅の株価の

過去30年の変化をご紹介しました。

総合商社として比較的バランスのとれた

事業ポートフォリオを持つ

丸紅の株価に興味があれば、

是非チャートをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク