キヤノン10年の株価と3つのポイントから見る将来とは?!

スポンサーリンク

キヤノンは、企業や一般消費者をターゲットとして

画像の編集・処理を行う技術開発

機械の製造や販売を行っている会社です。

また、技術に関して特許も取得しています。

そんなキヤノンのに注目し、

株価をチェックしている方は多いでしょう。

10年の株価の変化や、株価に

影響を与える情報を紹介します。

スポンサーリンク

キヤノン10年の株価に影響する売り上げについて

キヤノンの売り上げについては、

国内がおよそ20%

海外がおよそ80%を占めています。

海外の売り上げがメイン

なっていることが分かりますね。

売り上げが落ち込んでいたレンズ交換式の

デジタルカメラについては、日本や

欧州での販売台数は回復してきています。

コンパクトデジタルカメラの売り上げ台数

について、売り上げが減少しているものの、

企業向け商品が好調です。

レーザープリンター

複合機の販売台数が好調

また、海外における特許取得も重要視しています。

特許保有数は世界で約9万件以上。

特にアメリカでの出願には

力を入れているようですね。

キヤノンは1949年に上場して以来、

一度も年間の赤字を出していません

10年の間には、若干の下落などもあるものの、

基本的には上昇傾向にあります。

キヤノンの株価と株を購入するメリット

キヤノンの株価は3,000円~3,500円程

となっており、割安な株ではありません。

しかし、キャノンは配当利回り率

高い優良銘柄として有名です。

配当利回りは4.28%となっており、

非常に高い数字であることが分かりますね。

上場してからの株価を

確認してみると、右肩上がりです。

最も高い数字は2007ですが、その後は下落し、

最も高い数字を出した年の半分の値で

推移している状態です。

2016には3,000を割っています。

この様なタイミングで購入したいですね。

ここ数年は上昇傾向であるため、

タイミングを見て購入しましょう。

キヤノン株に投資するリスク

キヤノンの株に限らず、全ての銘柄に

共通するリスクは、「倒産のリスク」です。

キヤノンのような大企業が倒産をするわけがない

と考える方が多いでしょう。

倒産の可能性が限りなく0%に近いとしても、

100%倒産をしないとは考えられません

株を購入した企業が倒産をした場合、

基本的に購入済みの株は価値がなくなります

これから株式投資を始める方が、

最も気になる点は倒産のリスク

ではないでしょうか。

しかし、一般の方が買う株の場合、

ほとんどが上場企業の株となります。

キヤノンを含めて、上場企業の

倒産は極めて稀ですよね。

実際、倒産前には色々な

変化が見られるものです。

もし投資している企業が倒産した場合であっても、

決められた資金だけで投資を行う

「現物取引」の場合、投資した資金の

損失だけで済みます。

倒産のリスクを感じた場合の対処方法は、

元本割れが起こった場合の対処法と同様です。

すぐに売却するか、保有して

様子を見るほかありません。

また、上場企業の株を保有している場合、

インターネットや四季報などで情報収集が可能です。

まずは購入する前に、株を購入する予定の

会社に関する情報収集を行う事もできるでしょう。

キヤノン10年の株価と今後

キヤノンの株は10年大きな変化は無いものの、

タイミングを見て購入すると利益を

得る事ができる銘柄であるといわれています。

売上高、BPS、EPSの上昇については、

急激な伸びは見られません。

しかし、最も重要な点は

配当利回り率の高さです。

年4.28%の配当は、キヤノンの株を

購入する上でメリットとなるでしょう。

10年の株価をチェックしているだけでは

今後の見通しは立ちませんが、大企業であり

高い配当に注目するのであれば

購入しても良いでしょう。

これらはあくまでも予想であり、

投資については自分の判断で行ってくださいね。

スポンサーリンク