ヤフーの株価は10年で変化した?ヤフーの株に関する3つのポイント

スポンサーリンク

ヤフーは1997年11月に上場しました。

その後10年間、ヤフーに投資をしていた場合、

現在はどのようになっていたのでしょうか。

スポンサーリンク

ヤフーの10年と株価の変化

ヤフー(4689は、1997年当時の

公募価格は70万円でした。

1997年11月4日に上場した後、

154万円からヤフーの株が上がり始めます。

1997年の段階でもヤフーの知名度は

非常に高かったため、当然ともいえる上場でしたね。

しかし、ヤフーであっても当時の

売上金額は12億円であり、

純利益は6,400万円だったのです。

1997年3月期の売上は、4億円でした。

その後5年で12億円となり、さらに

19億円と上昇して行き、現在では

1,500億円を超える世界的な企業となります。

成長して行く度に購入しにくくなり、

成長が一旦止まると株価上昇も

動きが緩やかになるものです。

ヤフーの場合、上場した直後に

大きな成長を遂げた事が分かります。

ヤフーの株価を10年の間に購入することはできるのか?

1997年の段階では、パソコンや

インターネット接続は一部の企業で

利用しているものでした。

ヤフーが上場した1997年、Windows97

発売されたことによって、一般的に

パソコンを使う事ができる時代になりました。

インターネットやパソコンが普及していくであろう

という事は予想できました。

ヤフーは株式公募であり、

当選しなければ購入できない株です。

しかし、株が新規上場した場合、

購入可能になる可能性があります。

新規上場するタイミングで、

大きなチャンスを掴みましょう。

ヤフーの株式投資にもリスクはつきもの

ヤフーほどの大企業であっても、

株式投資には必ずリスクが付きものです。

その1つが、流動性リスク

上場企業であっても、株の利益は

売り手と買い手の希望金額が

マッチする事で取引成立となります。

小さな企業の場合、株を売りたいと

考えていても買い手がいない場合には

売却できません

そのため、株の取引をする際には

取引量も意識する必要があるのです。

他にも、元本割れのリスクがあります。

確率だけを見ていると、株を買った直後

上がる場合も下がる可能性も

5割ずつとなるのです。

株を買う場合に、元本割れリスクを

なくすことは難しいでしょう。

元本割れについては、可能な限り

損失を少なくする事を意識します。

例えば、株を購入した際の値段を記憶しておき、

その値段から3%以上下落したら

売りに出すなど、自分でルールを

決めておくことがおすすめですよ。

ヤフーの株価は10年で大きく上昇!チャンスを逃さず投資をしよう

ヤフーの株価は10年で上昇しました。

パソコンやインターネットが普及することを

予測することは、できたでしょう。

株を購入する事によって、

大きな利益を得る事ができるのです。

上場するであろう企業の公募

常にチェックをしておくことが大切。

当選しなければチャンスは無いものの、

新規上場であれば、誰にでも

チャンスはあるのです。

株式投資をギャンブルであると

認識している方も多く、

抵抗を示すケースもあります。

デイトレード短期売買といったギャンブル

という捉え方ではなく、長期の投資として

認識することが重要です。

時代の動きや企業自体、経済状況など

見ながら、投資先を検討しましょう。

「投資」という考え方をすると、

ギャンブルという認識は薄くなります。

日頃の生活の中で、稼いだお金を預ける先や

方法を部分的に変更するというだけの話です。

あくまでも部分的に変更するだけであり、

全額、もしくは預金以上の金額

投資することには大きなリスクが伴います。

ヤフーの株は、公募当初に株を手に入れていた場合

大きな利益を得る事ができた株です。

チャンスを逃さないよう、常に企業や時代、

経済に目を光らせておきましょう。

スポンサーリンク