楽天の株価チャートでチェックすべき3つのポイントを伝授!

スポンサーリンク

チャートとは、これまでの株価の

値動きを見るためのものです。

楽天が上場してから、現在までの

株価を確認することができます。

チャートによって、どの銘柄を購入するかを

決定したり、売却のタイミングを予想する

といった事にも使用されるのです。

楽天の株価を確認するために重要な

チャートの見方を中心に紹介して行きます。

スポンサーリンク

楽天の株価を確認するチャートの種類

楽天を含めて、企業の株価を

確認するために必須となるチャート

チャートには、日足・週足・月足があります。

株価のチャートはグラフであり、基本的には

「ローソク足」・「出来高グラフ」・

「移動平均線」から成るものです。

ローソク足とは、その名の通り

ローソクに似た形をしています。

上下に線が伸びており、上に伸びた線は

「上ヒゲ」と呼ばれ高値を指し、下に伸びた線は

「下ヒゲ」と呼ばれ安値を指しているものです。

このローソク足で、株価のおおまかな動きを

見たい場合には月足小さな動きから

タイミングを見極めたい場合には

日足を使用します。

棒グラフは出来高と呼ばれており、

どの程度株の売り買いが行われたのか

確認することができるのです。

楽天の株を売買している場合、

活発に取引が行われていると棒グラフは

高くなりますが、落ち着いていると

低くなるため、分かりやすいですね。

楽天の株価をチャートで確認し購入する

楽天の株を購入する際に

注目したい部分は、移動平均線です。

移動平均線は、株価を確認するために

重要な部分ですよ。

楽天株価の平均値を自動で計算し、

グラフにしています。

線が上に向いている場合は上昇傾向、

下に向いている場合には

下降傾向という事ですね。

株は、上昇傾向があるタイミングで

購入するものです。

つまり、チャートの値動きが上昇している

タイミングで購入し、下降傾向が

見られたところで売ります

上昇傾向であるかどうかを見極めるためには、

ローソク足と移動平均線が右に上昇しているか

どうかで判断ができるでしょう。

楽天の株価をチャートで確認する際に注意すること

重要な点は、下降傾向にある場合は

購入しないことです。

上昇するはずだと考えていても、どのタイミングで

上昇するかは分かりません。

損失が大きくなるため、非常に危険。

上昇傾向にある中で、一時的に株価が

下落したタイミングで購入することが

最も利益を出せるタイミングです。

購入の際には、チャートを

しっかりと確認しましょう。

楽天の株価チャートを見ていても起こり得るリスク

株式投資には、予期せぬリスク

付きまといます。

チャートを確認し、上昇傾向であり購入の

タイミングであると感じても、急にチャートが

変化するということも考えられるのです。

他にも、上場企業ならではのリスクがあります。

それは、上場廃止リスク

上場廃止になると、株式市場で

株の売り買いはできない状態になりますね。

上場廃止になる理由は、経営陣の

自社買収株式公開買い付けや、

子会社化等があり得ます。

しかし、上場廃止となる場合には、

実際に廃止となる前に株の売買が可能な

期間があったり、再度上場する場合もあります。

楽天の場合は0%に近い確率で

起こり得ないようにも思えますが、

100%上場廃止が無いとは言い切れません

他の株式を購入する際にも、

リスクを頭に入れておきましょう。

楽天の株価はチャートで確認

株式投資を始める上では重要となるチャート。

ローソク足出来高など、様々な

要素から成るグラフです。

チャートから細かな予想ができるようになると、

楽天の株価を見極めて利益を出せるタイミングで

売買もできるようになります。

株式投資のリスクも忘れずに、チャートを

使いこなして利益を生む投資を行ってください。

スポンサーリンク