東急電鉄10年の株価と注目したい2つのポイント!

スポンサーリンク

東京急行電鉄は、株価の上昇となる

きっかけがないまま最安値を更新し続けています

株式投資という側面ではなく、

一般的なユーザーの目線で見てみると、

業績は悪いというわけではありません

しかし、運輸業界であるのにも関わらず、観光で訪れる

外国人を取り囲むことができていない上に、

不動産の需給に良い動きがないことが

原因であるとされています。

2017年9には、取引時間中1566にまで

値を下げてしまい、2017年の最安値を更新しました。

以降、北朝鮮への警戒が薄くなったため、

日経平均株価の終値

高くなりましたが、東急電鉄は逆

スポンサーリンク

東急電鉄10年の株価と近年の注目ポイント

東急電鉄では、定期券購入以外での運賃利益が

ポイントであるといわれています。

東急電鉄と同じ、東京都と神奈川県を通る

京浜急行電鉄の売り上げは伸びています

売り上げの差については、定期券購入以外での

運賃の収入が関係しているのです。

東急電鉄は、羽田空港へも通じているため、

外国人観光客の利用も多い点が

大きな違いであるとされています。

これまでの10年では、外国人観光客を含めて

定期券購入以外の運賃収入を

見込むことが難しかった東急電鉄。

今後の株式の動きを左右するポイントは、

外国人観光客の利用となるのではないでしょうか。

東急電鉄の株価には不動産も関係している

東急電鉄が走る沿線は、住宅地として

非常に高い人気があるエリアです。

ただし、観光地がありません

不動産の話でも、やはり

外国人観光客が重要となります。

東急電鉄沿線には、立地が良く

外国人観光客に向けたサービス

展開しているようなホテルがありません

また、ホテル以外の不動産についても

不安要素があります。

閑静な住宅街が人気の東急電鉄沿線ではなく、

都心部でオフィスビルの大量供給

話題となっているのです。

株式市場では、大手の不動産会社が最高値を

更新している中、不動産株の

値上がりが鈍くなってきています

不動産事業と二人三脚の東急電鉄の株価も、

動きが鈍くなってきているという事です。

観光開発不動産については、すぐに

東急電鉄が行動を起こせるものでもありませんね。

そのため、住宅街としての人気をどこまで

伸ばすことができるか、生かして行けるか

という点が重要となるでしょう。

東急電鉄の株価は10年で見ても下落しにくい

日本株式全体の相場が乱れている中、

株式投資初心者の方に

おすすめできる株が私鉄の株です。

私鉄の株価は、大きな上昇も見込めないものの、

大きく下落することも考えにくい株です。

さらに株主優待も魅力的なものが多く、

初心者が保有していても安心できるものでしょう。

東急電鉄の株でも注目したい点は3つ。

1つ目は、最も大きな収入となる運賃の収入です。

外国人観光客も重要ですが、やはり沿線に

住んでいる人口がポイントとなります。

2つ目は、東急電鉄が保有している不動産情報。

3つ目は、ホテルの有無です。

東急電鉄については沿線に住んでいる

人口が増加しており、賃貸などの不動産

ビジネスホテルの売り上げが好調。

不動産開発が、今後の株価の動きを

左右するポイントとなるでしょう。

東急電鉄の株価と投資について

東急電鉄の株価チェックとリスクについて

株式投資をする際、懸念されるリスクの

1つが「倒産リスク」です。

万が一、株を購入した企業が倒産した場合、

買った株の価値はなくなります

株式投資を始めたいと考えている方や、

初心者の方は最も恐れるリスクでしょう。

東急電鉄は、0%に近いものの絶対に

倒産しないとは言い切れません

倒産リスクを回避したいのであれば、

現物取引で投資を行いましょう。

スポンサーリンク