東京電力株価の10年の推移から見える3つのポイント【原子力は今後どうなる?!】

スポンサーリンク

近年、世界で原油の価格が急激に下落したため、

東京電力も影響を受けてしまい、長い間

値上がりをしていない状態でした。

しかし、再生可能エネルギーによって、

電力料金が上がるといわれています。

再生可能エネルギーについては、

東京電力をはじめとした電力会社にとって

直接の利益は無いものの、電気料金を値上げできる

という点については、東京電力会社の売上を

大幅に上昇させることでしょう。

反面、電力を使用する人間には良くない

ニュースとなりますが、東京電力の株を

保有している投資家にとっては

喜ばしいニュースでもあります。

震災から月日が経ち、東京電力の株は

買いの注目を集めている株でもあるのです。

原発の停止によって電力コストが

大きく上がりました。そのため、

電気料金を上げる事によって利益を得ています。

電気料金の値上げ」は、株式投資を行う方にとって

使い投資のチャンスでもあるのです。

スポンサーリンク

 10年で変化をした東京電力の株価

過去10年の東京電力の株価を見てみると、

2011年の震災以降は暴落していますが

少しずつ回復しているのです。

東京電力を含め、電力株という種類は

購入しやすい株の1でもあるでしょう。

日本経済は、今後10年以上は経済成長を

遂げる事は無いと予想されています。

超高齢化社会になるという事が

確定している以上、避ける事の

できない現実です。

例えインフレが加速した場合であっても、

東京電力の株は簡単に価格が反転するでしょう。

電力を購入しないという選択肢が、

国民にないためですね。

自家発電を行っている方はいるようですが、

その様な方は国民の0.01%程度。

そのため、一般の投資家は、

東京電力などの電力株は

購入しておきたいと考えるのです。

 東京電力株価の推移

2015年以降東京電力

売上は上がっています。

電力会社は、燃料の仕入れと電力化

販売といった非常にシンプルな

ビジネスを行っています。

たしかに、歴史と設備投資が必要であるために

新規参入はしにくく独占している

状態であるともいえるのです。

東京電力の売上が上昇するということは、

ユーザーの電気料金にも深く関わります

震災が起こってからは、東京電力をはじめとする

電力会社の電気料金は上がっているのです。

東京電力では、震災が起こった

2011年の売上は5兆3494億円

しかし2014年は6兆8024億円なのです。

3年で27も上がっており、この金額が

示すことは、ユーザーの負担した金額が

増えたという事実です。

2015年度の売上高はマイナス10.8と、

非常に減っています。

暖冬の影響で販売電力量が3.9減ったこと、

電気量収入単価12.8減少したことが要因です。

原発がなかったとしても、利益を産み出すまで

3という時間を要したことが分かります。

 東京電力株価を10年単位で見る理由

廃炉や賠償に必要となった費用が20兆円ですが、

株式投資の視点で見ると

大きな数値ではないとされています。

3年程度の期間では、東京電力の

株価を読むことはできません。

しかし、10年単位で見てみると、

損がないと言える理由があります。

株価の回復によって十分な純利益が見込める事や、

柏崎原発の再稼働原発を保有している全ての

電力会社が費用の負担をするという点が挙げられ、

さらには海外への進出も検討しているためです。

原発については、電力会社単体のものではなく

国策で行われているものであるため、

原発を稼働しないという事は

あり得ないとも言えるでしょう。

東京電力の株価は10年先を見越して購入

一時下降することはあっても、上昇の

見込みがある東京電力の株は、

追加購入も検討したい株の1つです。

初心者でも手を出しやすい電力株は、

過去の動きから未来の予想もしやすいため

自己判断で予想をして購入してみてください。

スポンサーリンク