ヤマトの株価や歴代の配当金。 1967年からの株価推移や掲示板の予想とは?!

スポンサーリンク

クロネコヤマトでおなじみのヤマト運輸

ヤマト運輸の株価はどのように

なっているのでしょうか。

ここでは、ヤマトの株価や歴代の配当金や、

今後の株価予想をご紹介します。

スポンサーリンク

ヤマトの現在の株価は?どこで見れる?

地域に密着したサービスで、

現在の地位を築きあげたヤマト運輸

ヤマト運輸の証券コードは「9064」で、

銘柄名は「ヤマトホールディングス」となっています。

100から所有することができます。

20091,000円~1,500円前後を行ったり

来たりしていたヤマト運輸の株価ですが、

今年は3,000円をつけています。

2009年から見るとほぼ倍になっていますね。

ヤマト運輸のリアルタイムチャートはコチラ↓

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9064

ヤマトの株価。歴代の配当はいくらだった?

ヤフーファイナンスでは、配当利回り(会社予想)

随時更新されていて、現在のヤマトホールディングスの

配当利回り(会社予想)は0.85%となっています。

ちなみに、今のところ株主優待はありません

過去の配当実績はコチラになります↓

2009 – 1株あたりの年間配当金 22円

2010 – 1株あたりの年間配当金 22円

2011 – 1株あたりの年間配当金 22円

2012 – 1株あたりの年間配当金 22円

2013 – 1株あたりの年間配当金 23円

2014 – 1株あたりの年間配当金 24円(増配)

2015 – 1株あたりの年間配当金 25円(増配)

2016 – 1株あたりの年間配当金 28円(増配記念配2円)

2017 – 1株あたりの年間配当金 27円

2018 – 1株あたりの年間配当金 27円

ヤマトの株価予想!掲示板では盛り上がっている?

配当が順調に伸びていることもあり、

ヤマトホールディングスは比較的好印象です。

2019の年間配当は28円(前期は27円)

と予想されています。

2018年3月期の連結決算は、

純利益が前期比1%増182億円で、

19年3月期通期業績は純利益が

前期比97%増360億円を見込んでいます。

売上高は4%増1兆6000億円、営業利益は

63%増580億円を見込んでいて、

今期は大幅増益が期待されています。

今年1月30日に上方修正を発表した

ヤマトホールディングスですが、

業績の推移は好調なようで、

株価も期待ができます。

2月は株価の動きが低調しているようでしたが、

これも押し目買いの好機か、

とポジティブな印象でした。

ヤマトホールディングスの株価は、

これからの上昇が期待されます。

ヤマトの株価は1967年からどう推移してきている?

ヤマトホールディングスは1967年の創業以来、

構内作業、港湾運送、貨物運送、

鉄筋切断加工などの事業を展開していいて、

関東一円に輸送ネットワークを

作り上げるほどに成長しました。

1973年にオイルショックが発生し、

経営危機がささやかれる会社になってしまいましたが、

そのことをきっかけにワーキンググループが

新商品開発を進め、「電話1本で集荷・

1個でも家庭へ集荷・翌日配達・

運賃は安くて明瞭・荷造りが簡単」という

コンセプトの商品「宅急便」を誕生させています。

  • 1983年の高値 1,410円
  • 1986年の高値 1,570円
  • 1989年の高値 2,140円
  • 1992年の高値 1,010円
  • 1995年の高値 1,260円
  • 1998年の高値 1,590円
  • 2001年の高値 2,670円
  • 2004年の高値 1,795円
  • 2007年の高値 1,852円
  • 2010年の高値 1,375円
  • 2013年の高値 2,290円
  • 2016年の高値 2,499円
  • 2018年の高値 3,496円

スポンサーリンク