ヤマト運輸の株価の過去10 年の変化を見てベストな取引タイミングを計る!

スポンサーリンク

クロネコヤマトでおなじみのヤマト運輸。

ヤマト運輸の株価は

どのようになっているのでしょうか。

ここでは、ヤマト運輸の基礎知識や、

ヤマト運輸の株価の過去10 年の

変化をご紹介します。

スポンサーリンク

ヤマト運輸の歴史

全国のトラック台数がまだ

204台しかなかった1919年に、

ヤマト運輸は銀座でトラック4台を保有する

トラック運送会社としてスタートさせ、

以降関東一円に輸送ネットワークを

作り上げるほどに成長しました。

1973年にオイルショックが発生し、

経営危機がささやかれる会社になってしまいましたが、

・需要者の立場になってものを考える

・永続的・発展的システムとして捉える

・他より優れ、かつ均一的なサービスを保つ

・不特定多数の荷主または貨物を対象とする

・徹底した合理化を図る

この5箇条をもとに、

ワーキンググループが新商品開発を進め、

「電話1本で集荷・1個でも家庭へ集荷・

翌日配達・運賃は安くて明瞭・

荷造りが簡単」というコンセプトの商品

「宅急便」を誕生させています。

宅急便は発売以降、取扱個数を順調に伸ばし、

今では国内のみならず、

アジア各国にも広がっています。

ヤマト運輸の株価の過去10 年の変化

ヤマト運輸の証券コードは「9064」で、

銘柄名が「ヤマトホールディングス」

となっています。

100株から所有することができ、

今のところ株主優待はありません。

ちなみに、配当利回りは1.09%となっています。

2009年は、1,000円~1,500円前後を

行ったり来たりしていましたが、

今年は3,000円をつけています。

2009年のヤマト運輸の株価と

現在を比べるとほぼ倍になっています。

とくに2013年頃からの高騰が目立ち、

2013年の上半期高で

1,000円台から2,000円台に推移しています。

2014年の年末にも大きな上昇が見られ、

この時に2,000円台から

3,000台に推ししています。

2015年から2017年にかけては

少しクールダウンをしていましたが、

今年に入って再び上昇を見せています。

ここからは、2009年~現在までの

始値、高値、安値、終値、累積売買高を

見ていきましょう。

2009年:始値(円)1,185 / 高値(円)1,586 /

安値(円)825/ 終値(円)1,288 /

累積売買高(株)531,197,900

2010年:始値(円)1,281 / 高値(円)1,375 /

安値(円)986 / 終値(円)1,156 /

累積売買高(株)417,306,200

2011年:始値(円)1,178 / 高値(円)1,429 /

安値(円)1,107 / 終値(円)1,297 /

累積売買高(株)445,887,100

2012年:始値(円)1,305 / 高値(円)1,357 /

安値(円)1,165 / 終値(円)1,308 /

累積売買高(株)392,201,700

2013年:始値(円)1,330 / 高値(円)2,323 /

安値(円)1,320 / 終値(円)2,126 /

累積売買高(株)450,222,300

2014年:始値(円)2,103 / 高値(円)2,717 /

安値(円)1,921 / 終値(円)2,394 /

累積売買高(株)513,011,200

2015年:始値(円)2,396 / 高値(円)2,958 /

安値(円)2,165 / 終値(円)2,576 /

累積売買高(株)435,642,700

2016年:始値(円)2,562 / 高値(円)2,661 /

安値(円)2,051 / 終値(円)2,376 /

累積売買高(株)385,844,400

2017年:始値(円)2,389 / 高値(円)2,584 /

安値(円)2,081 / 終値(円)2,267  /

累積売買高(株)493,842,500

2018年:始値(円)2,299 / 高値(円)3,194 /

安値(円)2,277 / 終値(円)3,178 /

累積売買高(株)211,992,700

まとめ

ヤマト運輸の歴史や、株価の過去10年の

変化をご紹介しました。

地域に密着したサービスで、

お客さまの声に応えようという姿勢が

今のヤマト運輸を作り上げたのでしょう。

興味があれば、ヤマト運輸の株価もチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク