「日経平均株価」終値一覧をまとめてみました!

スポンサーリンク

日本の株式市場の代表的な

株価指標の一つに

日経平均株価がありますが、

日経平均株価はどのように

推ししているのでしょうか。

ここでは、日経平均株価の推移や、

2018年5月の終値一覧をご紹介します。

スポンサーリンク

日経平均株の推移

日経平均株価とは、日本の株式市場の

代表的な株価指標の一つで、

セブン&アイ・ホールディングスや

ユニー・ファミリーマートホールディングス、

高島屋、丸井グループなど、

日本を代表する225社(225銘柄)を

対象にしています。

株価を銘柄数で割って平均値を出し、

過去からの連続性を持たせるための

特殊な修正を加えたもので、

日経平均が下がれば

日本を代表する225社の株価が下がっている、

日経平均が上がれば日本を代表する

225社の株価が上がっているということです。

1日最大の上昇幅をつけたのが、1990年10月2日です。

+2,676.55円 終値22,898.41円 (+13.24%)

バブル景気が崩壊しかけていた時期で、

前日に2万円を割り込んだ反動と、

橋本龍太郎大蔵大臣(当時)の株価対策発表により、

このような上昇幅が見られました。

1日最大の上昇率をつけたのが、2008年10月14日です。

+14.15% 終値9,447.57円 (+1,171.14円)

世界的な金融危機が起こっていた時期で、

前週に1週間で3000円以上下落していた反動に加え、

取引前日に相次いで発表された

G7各国の金融危機回避策が好感されたため、

このような上昇率が見られました。

ちなみに、上昇率2位は1990年10月2日で、

3位1949年12月15日、4位2008年10月30日、

5位1987年10月21日と続きます。

1日最大の下落幅が見られたのが1987年10月20日です。

-3,836.48円 終値21,910.08円 (-14.90%)

東証1部銘柄の約49%がストップ安となりました。

1日最大の下落率が見られたのも1987年10月20日です。

-14.90% 終値21,910.08円

下落率2位2008年10月16日で、

3位2011年3月15日、4位1953年3月5日、

5位2008年10月10日と続きます。

5年おきに終値の推移を見てみると、

1950年の終値が109.91円

1955年の終値が356.09円

1960年の終値が874.88円

1965年の終値が1,216.55円

1970年の終値が2,358.96円

1975年の終値が3,817.22円

1980年の終値が6,569.47円

1985年の終値が11,542.60円

1990年の終値が38,915.87円

1995年の終値が19,723.06円

2000年の終値が18,934.34円

2005年の終値が11,488.76円

2010年の終値が10,546.44円

2015年の終値が17,450.77円

となっています。

ちなみに2017年の終値は19,114.37円でした。

20185月の終値 一覧

「終値」とは、日・週・月・年など、

ある期間において最後に取引された

値段(価格)のことで、「引値」

とも呼ばれます。

2018年5月の終値を一覧で

確認してみましょう。

2018年05月31日:終値22,201.82

2018年05月30日:終値22,018.52

2018年05月29日:終値22,358.43

2018年05月28日:終値22,481.09

2018年05月25日:終値22,450.79

2018年05月24日:終値22,437.01

2018年05月23日:終値22,689.74

2018年05月22日:終値22,960.34

2018年05月21日:終値23,002.37

2018年05月18日:終値22,930.36

2018年05月17日:終値22,838.37

2018年05月16日:終値22,717.23

2018年05月15日:終値22,818.02

2018年05月14日:終値22,865.86

2018年05月11日:終値22,758.48

2018年05月10日:終値22,497.18

2018年05月09日:終値22,408.88

2018年05月08日:終値22,508.69

2018年05月07日:終値22,467.16

2018年05月02日:終値22,472.78

2018年05月01日:終値22,508.03

まとめ

日経平均株価の推移や、

2018年5月の終値一覧をご紹介しました。

私たちの生活にも関係する重要な数値ですし、

日本経済に興味があれば

是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク