ダイキンの株価の過去10年の変化から読み取るベストタイミング!

スポンサーリンク

世界的な空調機メーカーのダイキン。

ダイキンの株価はどのように

なっているのでしょうか。

ここでは、ダイキンの基礎知識や、

ダイキンの株価の過去10 年の変化をご紹介します。

スポンサーリンク

ダイキンの基礎知識

家庭用空調機の分野で

高シェアを誇るダイキンは、

世界的に有名なメーカーです。

日本では特に

「うるるとさらら」シリーズが人気ですよね。

設立年月日:1934年2月14日

市場名:東証1部

上場年月日:1949年5月

従業員数(単独):6,891人

従業員数(連結):67,036人

中間配当金:1株につき金65円

期末配当金:1株につき金75円(案)

ダイキンは、空調、化学、フィルタを柱に

6つの事業を展開していて、

現在150もの国に事業展開をしています。

世界中からニーズがあり、

生産拠点は世界90カ所にも及びます。

海外での売上は全体の7割以上を占め、

過去10年間で売上総額も

2倍以上になっているということで、

今後の成長も楽しみですね。

2018年度は、2020年度を目標とする

戦略経営計画「FUSION20」の

中間年度にあたり、

売上高2兆5000億円、

営業利益2700億円を目標に掲げて

取り組んでいるとのこと。

ダイキンの株価の過去10年の変化

2009年は、2,000円前後を

行ったり来たりしていましたが、

今年は12,000円~14,000円を

行ったり来たりしています。

2009年のダイキンの株価と

現在を比べると6~7倍になっています。

特に2013年頃からの高騰が目立ち、

2013年から徐々に右肩上がりとなり

現在に至っています。

2009年~2013年頃までは、

2,000円~4,000円前後を

行ったり来たりしていました。

ここからは、2009年~現在までの、

始値、高値、安値、終値、累積売買高

見ていきましょう。

2009年:始値(円)2,395 / 高値(円)3,790 /

安値(円)1,945 / 終値(円)3,660 /

累積売買高(株)380,007,600

2010年:始値(円)3,660 / 高値(円)4,020 /

安値(円)2,650 / 終値(円)2,880 /

累積売買高(株)418,662 ,300

2011年:始値(円)2,917 / 高値(円)2,986 /

安値(円)2,024 / 終値(円)2,108 /

累積売買高(株)436,049,300

2012年:始値(円)2,141 / 高値(円)3,000 /

安値(円)1,836 / 終値(円)2,942 /

累積売買高(株)492,942,600

2013年:始値(円)3,050 / 高値(円)6,650 /

安値(円)2,808 / 終値(円)6,550 /

累積売買高(株)475,111,500

2014年:始値(円)6,450 / 高値(円)8,289 /

安値(円)5,163 / 終値(円)7,810 /

累積売買高(株)361,247,800

2015年:始値(円)7,774 / 高値(円)9,758 /

安値(円)6,557 / 終値(円)8,901 /

累積売買高(株)359,341,800

2016年:始値(円)8,775 / 高値(円)10,935 /

安値(円)6,820 / 終値(円)10,735 /

累積売買高(株)301,169,500

2017年:始値(円)11,000 / 高値(円)13,660 /

安値(円)10,385/ 終値(円)13,335/

累積売買高(株)216,195,300

2018年:始値(円)13,550 / 高値(円)14,275 /

安値(円)11,170  / 終値(円)12,720 /

累積売買高(株)87,504,200

まとめ

ダイキンの株価は、10年を通して

上昇しているということがわかりました。

2017年度は、アメリカとアジアでの

生産能力増強、販売網やサービス体制の拡充、

グローバルでの商品開発体制の強化などを実行し、

主要全地域での販売の拡大に成功しています。

利益面でも5期連続での

最高業績を達成しており、

株主の配当金も増額しています。

2018年度の配当金は、

年間140円(中間配当70円、期末配当70円)

予定しているとのことです。

原材料市況の高騰や為替の影響などもあり、

今後も厳しい事業環境が想定されますが、

さらなる向上が期待できますね。

スポンサーリンク