アマゾン株価チェックとロイター通信の情報に関する3つのポイント

スポンサーリンク

過去に1日だけ、ニューヨーク証券取引所

アマゾンやアルファベットなどの取引が

できなくなる」と発表した日がありました。

発表した1日だけ、技術的なトラブルによって

取引を行う事ができなかったのです。

ロイター通信が発表したニュースですが、

株の取引を行う上でロイター通信の

発表は非常に重要となります。

アマゾンの株価を確認する上で

重要なニュースや、ロイター通信について

見ていきましょう。

スポンサーリンク

ロイター通信が発表したアマゾンの株価に関わるニュース

2018年4に配信されたロイター通信の

発表によると、アメリカでの

アマゾンプライム会員が1億人を超えた

とされています。

この影響によって、時間外で株価が上昇しました。

上昇は1.3%でした。

プライム会員だけではなく、2時間以内に

無料配送を行う「プライムナウ」は、

9カ国以上で利用が開始されます。

さらに、音楽配信サービスであるアマゾン・

ミュージックの有料会員数が全世界で

数千万人に上るという事も発表されました。

これらは全て、今後の株価にも

大きな影響を与えるでしょう。

アマゾンの株価を見極めるために重要なロイター通信とは

ロイター通信(https://jp.reuters.com/とは、

ポール・ジュリアス・ロイター氏が作った

イギリスの報道・情報提供を行う会社です。

株の取引を行うために

重要となるのは通信部門です。

カナダの大手情報サービス会社の

トムソンによって2兆円で買収されたため、

2007年5に社名が変わり

トムソン・ロイターになりました。

日本においては、1899国内の新聞10

(東京日日新聞、萬朝報、日本新聞、報知新聞、

東京朝日新聞、毎日新聞、都新聞、国民新聞、

中央新聞、中外商業新報)と契約しています。

1901には12(ジャパンタイムズ、

東京朝日新聞、時事新報社、読売新聞、

東京日日新聞、中央新聞、報知新聞、都新聞、

萬朝報、日出新聞、国民新聞、日本新聞)

と契約しました。

アマゾンの株価チェックと取引のリスク

株価をリアルタイムでチェックていても、

100%リスクを回避することはできません

リスクの内の1つが、

上場廃止というリスクです。

上場廃止といっても、

複数のパターンが存在しています。

株を保有し、株価をチェックしていた会社が

子会社となるケースもありますね。

しかし、自社株を全取得することによる

上場廃止といったケースでは、

株主にメリットがあるというものもあります。

つまり、上場廃止が必ず

デメリットとなり、不利益でしかない

という事ではないということです。

上場廃止となった場合に最も損をするケースは、

株を保有し、株価をチェックしていた会社の

経営状況悪化により上場廃止に

追い込まれたというもの。

このケースでは、一般的に

倒産リスクに対する対処法

同様の方法しかありません。

アマゾンの株価チェックとロイター通信の情報

アマゾンの株価を確認する事と同時に、

ロイター通信が発表する情報も

確認しなければなりません。

また、取引方法に関しても、

自分に合った方法で行う必要があるのです。

基本的な現物取引の株式投資については、

投資をした分のリスクを負うだけになります。

リスクといっても、上場廃止リスクや

倒産リスクは強く意識しすぎることは

ないといえるでしょう。

株式投資のリスクとして、全財産を失ったり

返済困難なほどの借金を背負うといった話を

耳にしたことがある方もいるはずです。

この様なケースは、自分が支払える金額以上の

範囲で株式投資をする「信用取引」と

呼ばれる方法で投資しているために起こります。

株式投資では、様々な条件を加味した上で

取引を開始しなければなりません。

損失を出さないためにも、情報収集や

予想を怠らないようにしましょう。

スポンサーリンク