FXとはどんなもの?基礎知識をわかりやすく解説!

スポンサーリンク

FX」というのを聞いたことはありませんか?

投資のひとつとして知られているものでもありますが、

具体的にはどんなものなのでしょうか。

ここでは、FXについてわかりやすく解説していきます。

fxとは?基礎知識をご紹介

FXとは外国為替証拠金取引のことで、

英語では「Foreign eXchange」と言うことから

FX」と呼ばれるようになりました。

為替レートの変化を利用しながら

お金の売り買いをするもので、

ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を

交換・売買した差益を目的とした金融商品です。

通貨の価値は1米ドル=120円だったり、

121円だったりと常に変動していますよね。

この価格変動に着目したものがFXで、

取引は数多くの通貨の組み合わせで行うことができます。

ちなみに、日本円を

外国の通貨に換える取引を「外国為替取引」といい、

日本円を米ドルに換えることを

「ドル買い」あるいは「円売り」と言います。

例えば「1米ドル=110円」で買ったドルを

「1米ドル=120円」で売ったとすれば、

10円の利益が出ますよね。

これを為替差益と言います。

為替差益の出し方には、

安く買って高く売る方法と、

高く売って安く買う方法の2パターンあります。

常に通貨の価値は変動しているので、

どちらも利益を狙うことができます。

また、FXの特長と言えば、

レバレッジをかけられることです。

レバレッジとは、

担保となる手元の資金の

何倍もの金額の外貨を取引できることで、

10万円の資金で10倍のレバレッジを使うと

100万円の取引が可能になるというものです。

何倍もの利益を出すことが可能なのですが、

その分何倍も損益を出してしまうリスクもあります。

FXは「ハイリスクハイリターン」だ

ということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

FXのメリット・デメリット

【FXのメリット】

・少額から取引できる

少額資金でスタートできるところは

FXの1番の魅力でしょう。

株のようにまとまった資金を

準備しなくても取引が可能なのです。

レバレッジを使えば、

少額の資金で多額の投資資金を

動かすこともできます。

ちなみに、国内FX業者の場合は、

レバレッジを最大25倍かけられるように

なっていますよ。

・平日なら24時間いつでも取引が可能

株式投資の場合、

平日9~15時までしか取引ができませんが、

FXは平日24時間市場がオープンしています。

FXの市場が一番活発になるのは

ロンドン市場やニューヨーク市場がオープンしている

夕方から深夜にかけての時間帯なのですが、

夕方から深夜にかけての

時間帯なので、働きながらでも

挑戦しやすいのではないでしょうか。

・自由度の高い投資が期待できる

為替差益の出し方には

「安く買って高く売る方法」と

「高く売って安く買う方法」の

2パターンあるので、

基本的に買いでの取引が

メインとなる株式投資に比べると、

自由度の高い投資ができると言えます。

・手数料が安い

FXは取引にかかる手数料が

基本的に無料です。

たとえ有料のFX業者だった場合でも

外貨預金にかかる手数料の1/10程度です。

【fxのデメリット】

・何倍もの損失が出る可能性もある

レバレッジを使えば少額の資金で

多額の投資資金を動かすこともできますが、

反対に何倍もの損失が出る可能性もあります。

・常に為替が気になってしまう

FXを始めると、為替が気になって

仕方なくなるかもしれません。

トレードの負けはメンタルに

負荷をかけますし、

損失を取り戻すことに

夢中になってしまったりするものです。

仕事をしていても、チャートのことが

頭から離れなくなってしまったりするので、

それなりの精神力が必要となります。

まとめ

FXについてご紹介しました。

為替レートの変化を利用しながら

「お金の売り買いをする」というのがFXです。

興味があれば、

メリット・デメリットを理解した上で

挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク