トヨタの株価10年の変動で押さえておきたい3つのポイントとは?!

スポンサーリンク

株の取引に興味を持っている方は

多いのではないでしょうか。

株の売買を行うだけであれば、

特別な知識がない方でも行う事が可能です。

しかし、十分な知識に加えて

様々な情報を得る事によって、更に

利益を上げることができる可能性があります。

情報量によって、損失を出さないようにするための

工夫を行う事も出来るようになるのです。

例えばトヨタ自動車(7203の株を

保有していた場合、株価は

わずか3年で60倍にもなりました。

株取引を行う上で、最も大きな魅力は

値上がりをした際の利益を

得る事ができるという点です。

スポンサーリンク

トヨタ自動車の株価は10年以内に大きく変動

先にも挙げた通り、トヨタ自動車(7203)の

株価はわずか3年で60倍になりました。

この値上がり益を「キャピタルゲイン」と呼びます。

株は、購入時よりも高い値段で

売ることで差額が生じ、これが

投資家の利益となるのです。

反対に、購入時よりも低い値段で

売ることになると損失になります。

トヨタ自動車(7203)を例にとってみても、

10年という年月は掛けず、わずか3年で

60倍になっているのです。

この様に、株価が2倍以上、10倍以上まで

上昇することも特異な事ではありません

株は、非常に大きい利益を

狙うことができる金融商品です。

近年の日経平均は、10数年ぶりに

2万円を超えています

そのため、高額になり購入できない

考える方も多いのではないでしょうか。

2万円という値段を安いと

感じるか高いと感じるのかは

別の問題として、一般の投資家は

割高であるとは感じていない金額なのです。

トヨタ自動車の株価10年保有するメリット

トヨタ自動車(7203)の株価変動を

チェックすることも重要ですが、トヨタ自動車

(7203)の株を保有している事によって、

定期的に配当金を貰う事ができます。

株の魅力は、値上がりによる利益を

得るだけではないのです。

株を保有していることで、1年に

2回もしくは1配当金を貰う事ができます。

配当とは、会社が決算を終了し、

会社の利益のうち株主に支払うお金のこと。

東証1部企業の配当利率は1.5%前後ですが、

2%や3%以上という企業もあります。

10年国債であれば0.45%程度であるため、

比較をしても、株の配当利回り

非常に高い数字であることが分かりますね。

トヨタ自動車(7203)の配当は、10年で平均すると

1株あたりおよそ200です。

100株保有している場合、

1年間でおよそ2万円も貰う事ができます。

配当利回りはおよそ2.5%にもなるのです。

銀行の定期預金では0.1%以下という利息

1年間、100万円預けていたとしても、

利息はわずかな金額です。

100万円の株を1年間保有

することによる配当金は、定期預金よりも

高額であることが分かります。

トヨタ自動車の株価にも影響する株主優待とは

株主優待とは、株を保有しているだけで貰う事ができる

商品や受ける事ができるサービスです。

この株主優待は、投資家にとって

メリットの1つでもあります。

株主優待で貰うことができる商品やサービスは、

企業ごとに異なります。

企業全体が株主優待を行っているわけではなく、

株主優待を行っている企業であっても

中止してしまう事もあるのです。

企業ごとの株主優待に関する内容は

IRページで確認ができます。

株主優待も、株価同様に

チェックしておくべきポイントですよ。

トヨタ自動車10年の株価変動は異例?

トヨタ自動車(7203)の株価が、3年で

60になったという事実は、

投資家のみならず投資に興味のある方に

大きな衝撃を与えました。

保有していたのなら、莫大な

利益を得る事ができた」という後悔による

衝撃が多かったことでしょう。

株式投資は、リスクもあります。

トヨタ自動車(7203)のように大きく上昇する

ケースだけではないという事も、

しっかりと再認識しておいてくださいね。

スポンサーリンク