日本通運の株価の過去10年の変化を見てみよう!今後はどうなる??

スポンサーリンク

総合物流企業の日本通運

引越しは日通」などのキャッチコピーでも

おなじみですよね。

日本通運の株価はどのようになっているのでしょうか。

ここでは、日本通運の基礎知識や、日本通運の

株価の過去10年の変化をご紹介します。

スポンサーリンク

日本通運の基礎知識

日本通運は、自動車運送・倉庫などを

手掛ける総合物流企業で、1937年

国営企業として成立されました。

1872に設立された「陸運元会社」が前身です。

  • 1872

陸運元会社として創業

  • 1875

内国通運会社に改称

  • 1928

国際通運株式会社として発足

  • 1937

日本通運株式会社法に基づき

特殊会社として日本通運株式会社を設立

  • 1950

日本通運株式会社法が廃止され

民間企業として再出発する。

東京証券取引所に上場

  • 2003

本社を秋葉原から汐留シオサイト内に移転

  • 2008

郵便事業と折半出資にて

JPエクスプレス」を設立

  • 2013

日通NECロジスティクス

(現連結子会社)の株式取得

  • 2014

日通・パナソニックロジスティクスの株式取得

日本通運は国内営業基盤に加え、世界42カ国

(日本、米州、欧州、東アジア、南アジア・

オセアニアの各地域)、267都市に

678の拠点を持つ総合物流企業です。

自動車運送業、倉庫業、利用航空運送業、

海上運送業、警備や現金輸送を行う警備輸送、

重量物の運搬、設置などの重量品建設、

リースや石油販売、不動産、金融関連の業務を行う

物流サポートなど業務内容も多岐にわたります。

日本通運の株価の過去10年の変化

2009年から2012年までは3,000円〜4,000円前後

推移していましたが、2013年に入って

5,000円をつけています。

順調に株価は上昇を見せ、

2015には7,000円をつけています。

その後4,000円台下落しましたが、

そこから再び上昇を見せ、

2018に入って9,000円をつけています。

そして現在は、8,500円前後を

行ったり来たりしています。

設立年月日  :1937年10月1日

上場市場名  :東京証券取引所1部

発行済み株式数:99,800,000(株)

ここからは、2009年〜現在までの日本通運の始値、

高値、安値、終値、累積売買高を見ていきましょう。

  • 2009

始値(円)3,830.0/ 高値(円)4,410.0/ 安値(円)2,640.0/

終値(円)3,810.0/ 累積売買高(株)99,509,200

  • 2010

始値(円)3,780.0/ 高値(円)4,460.0/ 安値(円)2,930.0/

終値(円)3,660.0/ 累積売買高(株)94,678,600

  • 2011

始値(円)3,680.0/ 高値(円)3,690.0/ 安値(円)2,420.0/

終値(円)3,000.0/ 累積売買高(株)103,136,900

  • 2012

始値(円)3,030.0/ 高値(円)3,590.0/ 安値(円)2,650.0/

終値(円)3,550.0/ 累積売買高(株)84,875,400

  • 2013

始値(円)3,600.0/ 高値(円)5,320.0/ 安値(円)3,520.0/

終値(円)5,090.0/ 累積売買高(株)101,074,600

  • 2014

始値(円)5,050.0/ 高値(円)6,230.0/ 安値(円)4,210.0/

終値(円)6,140.0/ 累積売買高(株)80,962,300

  • 2015

始値(円)6,090.0/ 高値(円)7,330.0/ 安値(円)5,370.0/

終値(円)5,720.0/ 累積売買高(株)90,449,700

  • 2016

始値(円)5,720.0/ 高値(円)6,330.0/ 安値(円)4,200.0/

終値(円)6,290.0/ 累積売買高(株)95,205,900

  • 2017

始値(円)6,320.0/ 高値(円)7,740.0/ 安値(円)5,630.0/

終値(円)7,490.0/ 累積売買高(株)77,660,300

  • 2018

始値(円)7,600.0/ 高値(円)9,130.0/ 安値(円)6,780.0/

終値(円)8,480.0/ 累積売買高(株)31,042,300

まとめ

日本通運の基礎知識や、日本通運の株価の

過去10年の変化をご紹介しました。

総合物流企業「日本通運」の株価に興味があれば、

是非チャートをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク