日立製作所の株価の過去10年の変化を見てみよう!

スポンサーリンク

国内最大の産業エレクトロニクス企業である日立製作所

日立製作所の株価はどのように

なっているのでしょうか。

ここでは、日立製作所の基礎知識や、日立製作所の

株価の過去10年の変化をご紹介します。

スポンサーリンク

日立製作所の基礎知識

日立製作所は日本の電機メーカーであり、

日立グループの中核企業です。

主に情報通信システム電力・産業システム

民生機器などの製造・販売を行っています。

1910

久原鉱業所鉱山付属の修理工場として発足

1920

日立、亀戸の両工場を擁し、日立製作所として独立

1924

大型電気機関車「ED15」完成。

翌1925年、鉄道省に納入

1926

扇風機30台を米国へ輸出

1961

全自動洗濯機を開発

1963

日立化成工業(現・日立化成)分立

♦1979

大型汎用コンピュータ「HITAC M-200H」を開発

1991

創業81年を機にロゴマークを一新

報・通信システム、社会・産業システム、

電子装置・システム、建設機械、高機能材料、

オートモティブシステム、生活・エコシステム、

その他の8の部門から構成されていて、

純利益は2649億円、総従業員数33万5244人にも

および、トヨタ自動車に次ぐ規模

従業員数を誇る巨大企業です。

産業エレクトロニクスとしては

国内最大の日立製作所の売上構成は、

情報・通信システム21%、

社会・産業システム25%、

電子装置・システム12%、

建設機械10%、

高機能材料18%、

オートモティブシステム11%、

生活・エコシステム6%、

その他6%、となっています。

日立製作所の株価の過去10年の変化

2009年から2014年までは、上下しながらも

株価は順調に上昇していきました。

2009200円台だった株価は、

2014900円をつけています。

その後2015年、2016年と株価は下落していき、

400円台にまで戻っています。

400円台に戻ってしまった株価ですが、

その後は順調に回復しています。

2017には再び900円をつけ、

現在800円前後を推移しています。

設立     :1920年2月1日

売買単位   :100(株)

上場市場名  :東京証券取引所1部

名古屋証券取引所1部

発行済み株式数:4,833,463,387(株)

ここからは、2009年〜現在までの日立製作所の始値、

高値、安値、終値、累積売買高を見ていきましょう。

  • 2009

始値(円)365/ 高値(円)407/ 安値(円)227/

終値(円)284/ 累積売買高(株)7,697,524,000

  • 2010

始値(円)286/ 高値(円)434/ 安値(円)276/

終値(円)433/ 累積売買高(株)12,354,486,000

  • 2011

始値(円)440/ 高値(円)523/ 安値(円)334/

終値(円)404/ 累積売買高(株)10,063,518,000

  • 2012

始値(円)410/ 高値(円)556/ 安値(円)398/

終値(円)504/ 累積売買高(株)6,955,028,000

  • 2013

始値(円)524/ 高値(円)801/ 安値(円)505/

終値(円)796/ 累積売買高(株)7,628,903,000

  • 2014

始値(円)799/ 高値(円)939/ 安値(円)660/

終値(円)900/ 累積売買高(株)5,893,603,000

  • 2015

始値(円)900/ 高値(円)922/ 安値(円)585/

終値(円)691/ 累積売買高(株)5,892,121,000

  • 2016

始値(円)686/ 高値(円)692/ 安値(円)400/

終値(円)632/ 累積売買高(株)6,283,437,000

  • 2017

始値(円)644/ 高値(円)908/ 安値(円)566/

終値(円)877/ 累積売買高(株)4,590,380,000

  • 2018

始値(円)893/ 高値(円)944/ 安値(円)736/

終値(円)787/ 累積売買高(株)1,952,513,000

まとめ

日立製作所の基礎知識や、日立製作所の

株価の過去10年の変化をご紹介しました。

日立製作所の株価に興味があれば、

是非チャートをチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク